ふくしかくネット ダウンロード教材 本文へジャンプ


令和2年(後期)保育士試験
科目別リベンジセット

子どもの保健
穴埋め式ポイント集&予想問題50問
&保健に関する各種資料ダイジェスト版

令和2年からの新しい出題範囲に対応済み!



「出題範囲」の改正により、出題内容が過渡期にある
「子どもの保健」を、2層式のアウトプット学習で
合理的にマスターしてしまいましょう。

<CONTENTS(同一ページ内へのリンク)>

1.科目別リベンジセットの目的
2.保育士試験の子どもの保健の特徴と対策
3.リベンジセット子どもの保健の内容と特長
 @ ポイント集(サンプルあり)
 A 予想問題集
 B 子どもの保健に関する各種資料ダイジェスト版
4.ダウンロード教材のメリット
5.ご質問(メールサポート)について
6.ご購入について


保育士試験科目別リベンジセット子どもの保健(PDF版)
ご注文画面へ


 

1.科目別リベンジセットの目的
 

この教材を必要としている方は、商品名を見ただけで、この教材の目的がわかるかもしれません。

保育士試験には科目別合格というシステムがあり、原則として、9科目それぞれについて、合格した年の翌々年までその科目の合格が有効となります(「教育原理」・「社会的養護」については、同じ回の試験で両科目とも6割以上の得点で合格)。

裏を返すと、不合格となった科目については、他の科目の合格が有効な間に、勉強し直して合格しなければ保育士試験合格とはなりません。

そこで、
一部の科目を落としてその科目をまた受験される方のために、特定の科目を徹底的に攻略するための教材として、

「保育士試験科目別リベンジセット」

という名称の教材を作成させていただきました。

名称は「リベンジセット」ですが、特定の科目を徹底的に攻略するという点に主眼があるので、初受験の方が苦手科目を克服するためにも、十分効果的にご利用いただけます。


本教材は、最初は少し取っつきにくく感じられる「子どもの保健」のリベンジセットとなります。


 


2.保育士試験の子どもの保健の特徴と対策

平成25年から令和元年(後期)までの保育士試験の「子どもの保健」という科目は、平成24年までの保育士試験の「発達心理学及び精神保健」の半分(ニコイチ)科目であった「精神保健」(10問)と、「小児保健」(20問)を合体させて1科目(20問)とした科目で、「1.5科目」という印象が強い科目でした。

代表的なテキストである全国社会福祉協議会の保育士養成のためのテキスト(いわゆる「全社協のテキスト」)の『子どもの保健』のページ数もかなり多めになっていました。

ところが、令和2年から適用される新しい「出題範囲」では、「子どもの保健」から「子どもの精神保健」という項目が姿を消し、精神保健に関連していると思われる項目もなくなってしまいました。

新しい全社協のテキスト『子どもの健康と安全』でも、正面から精神保健を扱う項目は姿を消してしまい、総ページ数も3分の2程度に減ってしまいました

これらのことを考え合わせると、「子どもの保健」の出題範囲から精神保健に関する事項は除外され、平成24年までの「小児保健」の戻ったように感じられます。

一方で、平成25年から令和元年(後期)までの「保育の心理学」は、平成24年まで半分(ニコイチ)科目であった「発達心理学」(10問)を独立させて1科目(20問)とした科目でしたが、実際には、平成24年までのペア科目「精神保健」の出題範囲に含まれていた事項が数問出題されていました。

今回の「出題範囲」の改正では、「子どもの保健」からは「子どもの精神保健」という項目が姿を消しつつ、「保育の心理学」では「子どもの精神保健とその課題」という項目が加わっています

このことから、今後、精神保健に関する事項は「保育の心理学」のほうで扱われることとなり、結局、「保育の心理学」のほうは平成24年までの「発達心理学及び精神保健」の戻ったような形になっていくことが予測されます。

ただ、今回の「出題範囲」の改正では、「子どもの保健」(および「保育原理」・「子ども家庭福祉」・「社会福祉」)については、当分の間、従来の「出題範囲」全般を踏まえたものとして運用することが適当とされており、具体的には、「子どもの保健」では、当面、精神保健に関する事項も出題されるものと考えられます。

上記のような検討と予測から、令和2年の筆記試験へ向けての「リベンジセット子どもの保健」の改訂では、出題内容が過渡期にある「子どもの保健」について、不要になると考えられる内容は削りつつ、「出題範囲」での明記がなくなっても出題されそうな内容は残し、令和2年の筆記試験に照準を絞って、少し大胆に、教材内容を再構成いたしました。

 


3.リベンジセット子どもの保健の内容と特長

「保育士試験科目別リベンジセット子どもの保健」は、「How to編」、穴埋め式のポイント集、予想問題集(50問)、「子どもの保健に関する各種資料ダイジェスト版」のセットです。


「保育士試験科目別リベンジセット子どもの保健」の詳しいご利用方法は、セット内容の一つである「How to編」に記載されているので、ご購入後は、まずそちらをご覧ください。

 

 @ ポイント集

穴埋め式ポイント集は、過去問分析と新しい「出題範囲」の検討に基づき、保育士試験の「子どもの保健」で合格点を取るために必要な知識を厳選し、正味42ページにまとめた知識集です。

ポイント集は、インプット編とアウトプット編から構成されています。


インプット編とアウトプット編は、それぞれ正味42ページありますが、相互に独立したものではなく、インプット編を「穴埋め式」の問題集に加工したものがアウトプット編となっています。

基本的には、インプット編からアウトプット編へ進むことを前提としていますが、ある程度の知識がある方は、アウトプット編から始めて、インプット編は「解答」としてご使用ください。
 

アウトプット編は、単なる一問一答式の正誤問題よりも、無駄がなく、記憶の効率が高い「穴埋め式」の問題型式となっています。

「穴埋め式」の問題では、すべての問題で記憶をたどって頭を使うことができるので、効率が非常に高く、合理的です。

「子どもの保健」の頻出事項は、このポイント集でほぼマスターすることができます。

→ 教材サンプル:ポイント集(アウトプット編)の一部



 

 A 予想問題集

予想問題集は、過去問の出題傾向と新しい「出題範囲」に基づく予測から、保育士試験の「子どもの保健」で出題が予想される事項について作成されたオリジナル問題 50問 を集めたものです。 
実際の保育士試験と同形式・同レベルの問題です。

ポイント集でひと通り学習したあとで、この予想問題集で問題演習することで、基礎知識(頻出事項)の記憶を強固なものにするとともに、「解答力」を養成していってください。


 

 B 子どもの保健に関する各種資料ダイジェスト版

「子ども家庭福祉」や「社会的養護」ほどではありませんが、「子どもの保健」でも、「保育所における感染症対策ガイドライン(2018年改訂版)」、「定期接種実施要領」など、いくつか重要な厚生労働省関係資料があります。

そこで、「子ども家庭福祉」や「社会的養護」ほど大がかりなものではありませんが、「保育所における感染症対策ガイドライン(2018年改訂版)」を中心に、原文に近いものを見ておいたほうがよいと思われるいくつかの資料(法令を含む。)を選び出し、重要と思われる部分を抜粋し、見やすいようにゴシック体(太字)を多用して加工した
「子どもの保健に関する各種資料ダイジェスト版」を作成いたしました(87ページ)。

詳しいご利用方法につきましては、「子どもの保健に関する各種資料ダイジェスト版」p4の【ご利用上の注意】をご覧ください。

→ 教材サンプル:各種資料ダイジェスト版の一部


 

 

4.ダウンロード教材のメリット


この問題集は、PDFダウンロード版での販売となっています。

ダウンロード教材には、次のようなメリットがあります。

 
□ 家にいながら、ご入金確認またはカード決済のあと、すぐに教材が手に入る

□ この教材のように、再ダウンロードが無料の場合、常に無償で
  情報を最新の状態に保つことができる。
□ ダウンロードすれば、
何回でも印刷することができる。そのため、
  問題集の場合、解答を書き込んでしまっても、また新しい状態の
  問題を解くことができる。

□ スマートフォンなど、PDFに対応しているモバイル機器があれば、データを
  持ち歩いて勉強できる(スマホ等ではダウンロード自体はできませんので、
  ご了承ください)。

□ 
必要なページだけ印刷して、折りたたんで、ポケットに入れて持ち歩くことも
  できる。

 


5.ご質問(メールサポート)について
教材の内容その他保育士試験に関するご質問につきましては、「How to編」に記載したメールアドレスにメールをいただければ、できるだけ速やかにお答えいたします。
これまでのリベンジセットなどに関しても、多くの方からご質問をいただき、お答えしてまいりました。
保育士試験に関することであれば何でも、お気軽にご質問いただきたいと思います。
 


6.ご購入について
この商品は、PDFダウンロード版のみでの販売となっています。

PDFファイルを開くには、AdobeReader(アドビリーダー)という無料ソフトが必要です。
通常、パソコンをお持ちの方は、すでにインストールされていると思いますが、インストールされていなくても、インターネットで、AdobeReader(アドビリーダー)というワードで検索していただければ、簡単にインストールできると思います。
(システムに関して分からない点につきましては、ご購入前でも、お気軽にご質問ください。)

B5判で全292ページですが、B5以外のサイズで印刷することもできます。

お好みにもよりますが、一般的には、パソコンの画面で見るより、印刷したほうが勉強しやすいと思われるので、プリンター等の環境設定にはご注意ください。

さて、「保育士試験科目別リベンジセット子どもの保健」のお値段ですが、
今回から、「出題範囲」が少し狭くなると考えられることから、他科目との
バランスなども考慮し、これまでの「4,200円(税込)」から少しお値段を下げて、

3,900円(税込)で提供させていただきます。

実際に教材をプリントアウトして手にしていただければお分かりいただけると思いますが、「子どもの保健」に対して絶対的な自信をもてるようになるだけの充実したセット内容となっており、とてもお得な価格といえるのではないかと思われます。

なお、
@ パソコンまたはプリンターをお持ちでない方
A パソコンの環境などにより、ダウンロードが困難な方
B 印刷がご面倒だと思われる方
は、こちらをご覧ください。
→ 印刷&郵送サービス(リベンジセット子どもの保健用)


販売手続きについては、ネット教材通販決済の大手であるインフォカート株式会社の決済システムを通じて行われるので、安心してご購入ください。

各種クレジットカードのご利用も可能となっております。

SSLで暗号化されたページで決済が行われるので、カード番号・有効期限等の情報が漏れることはございません。

インフォカートの購入者ログインページからダウンロードする場合、ダウンロード回数の制限はございません。

【ご購入の手続の流れ】

ご購入画面で必要事項を入力していただいた後、クレジットカード決済の場合はすぐに、ご購入完了メールが届きます。
銀行振込みの場合は、まず銀行振込みの案内メールが届きます。そして、お振込み後、数時間以内に、ご購入完了メールが届きます。
※ メールアドレスの入力ミスには、特にご注意ください。
※ 携帯電話からお申込みの場合で、指定受信や受診拒否の設定をされている方は、あらかじめ「info@infocart.jp」からのメールを受信できるように設定しておいてください。


ご購入完了メールに記載されたパスワードで、同じくメールに記載されたページにアクセスしてログインしていただくと、ダウンロードのためのページに進むことができます。

 





保育士試験科目別リベンジセット子どもの保健(PDF版)
ご注文画面へ






                【特定商取引法に基づく表記】